住宅ローン滞納は全国で39万件もあり、近年では4万5000件も増加(金融庁発表)。経済アナリストの中原圭介氏は「今後はもっと増える可能性が高い」と語る。

    「低金利で借りやすかった時代は、あと2~3年で終わってしまい、金利は上がります。当然、変動金利で目いっぱい借りていたら、支払いも月数万円は上がってしまう。滞納から、破産するパターンも増えそうです」 

    引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190105-00182646-hbolz-soci

    こんな記事を見つけました~。

    我家も結構めいっぱい借入してるので、
    月の支払いもまあまあ。。
    ボーナスは期待できないので、ボーナス払いは無し。
    ローンを支払っても、貯蓄に回せるお金はあるけど
    子どもの為にも貯めたい!夫婦の老後の資金も!って考えるとなかなか厳しいのかなぁ?と。
    まだローンを支払ってないので具体的には分からないけど、こういう記事読むとすごい不安になる。。。


    FPとも幾度も相談して決めた住宅ローンだけど、無謀だったかなぁ。。。


    また、コストパフォーマンスはいい!
    維持費が他に比べると安いです!と言われたけど、実際どうなんだろう??


    住宅ローンの不安に押しつぶされそうだ:( ;´Д`;):







    経済産業省は9日、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度に関し、2019年度は事業用の太陽光発電の買い取り価格を1キロワット時当たり14円とする案を固めた。18年度の18円から2割以上の引き下げとなる。買い取りにかかる費用は電気料金に上乗せして賄われており、家庭や企業の負担を軽くするのが狙い。

     14円が適用されるのは出力10キロワット以上500キロワット未満の発電設備となる見込み。9日午後の有識者委員会に提示し、3月末までの正式決定を目指す。

    引用:yahoo☞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00000063-kyodonews-bus_all



       ほうほうこれは。。。
  • 再生エネルギーとして皆が賛成して始めた買取制度もメガソーラーパネルで利益を上げる業者が増えた辺りから、バランスが崩れた?
    一般家庭の屋根に設置してあるパネルも劣化してるところもあるし。。

    産業廃棄物になっちゃう?なら、太陽光をのせるの迷うなぁ。そもそも発電より蓄電かなぁとも最近思うところです。太陽光ものせて10年(どのくらいのせるかにもよるけど)は買取価格は固定されてるし良いのかもしれないけど、これから先の事はどうなるか分からないから迷うところです。



    将来産業廃棄物になるなら、処理場とかも必要になってくるし。耐久性に優れてるパネルがおおいのだろうけど、近年は災害も多いから、維持費とか色々かかってくるよね?これからの時代はもう節電節電でやってくのが1番なのかなぁとか思う。

    難しい~!








      



    こんにちは( ¨̮ )


    今日の話題は、熱損失係数(Q値)について!

    そもそもQ値とは☟☟

    熱損失係数とは、一般的に「Q値」といわれているもので、住宅の断熱性能を数値的に表したものです。値が小さいほど断熱性能が高いことを表します。
    熱損失係数は、外壁や天井・床などの各部位の熱の逃げる量(熱損失量)を計算し、各部位の熱損失量を合計したものを延床面積で割って計算します。

    引用:http://www.konasapporo.co.jp/Heating/HeatLoss/HeatLoss.htm



     我家がお世話になっている一条工務店さん!
    このQ値の値が、0.51W/㎡・K!!!!!
    これは、国が「断熱性が高い」と評価する「次世代省エネ基準」の、なんと5倍以上の断熱性みたいです!(参考:一条工務店公式HP:http://www.ichijo.co.jp/sp/)



    断熱性が高いので、暖気それから冷気も逃がさないし
    オール電化住宅なので電気代がアパートや従来の家に
    比べて格段にお安くなるそうです!!!!!!!!!


    このQ値をここまで小さく出来るのは、

    "高性能ウレタンフォーム断熱材"や
    "防犯ツインLow-Eトリプル樹脂サッシ"

    これはアイスマートⅡでは標準装備。

    他の工務店をみてないので分かりませんが、
    この装備が標準なのはすごい魅力的( ˃ ⌑ ˂ഃ )


    詳しくは一条工務店公式HPに☟☟

    http://www.ichijo.co.jp/sp/




    next ☞☞☞




    このページのトップヘ